2015年05月19日

商品購入後にやっていること




こんにちは。

TOMOZOUです。





みなさんはAmazon.comやebayで

商品を購入した後、

次はどんな作業をしていますか?




実はけっこうここって、

ブログで書いている人って

あまり見かけないですよね。

(私が読んでいないだけかもしれませんが)




ですので、私の場合を書いてみようと思いました。

ここって個人差が出るところだと思いますので、

何か参考になったり、

気付きやきっかけにしてもらえたら!と思います。




「価格差が取れる!」と思ったら、商品を購入!

以下、エクセルに転記

(けっこう細かいです。すみません)


1.通し番号
2.購入日
3.日本のアマゾンの商品名をコピペ
4.商品単価($)
5.注文数量
6.商品総金額(4×5)
7.送料(別の場合)
8.税金(別の場合)
9.送料・税を含めた注文総金額(6+7+8)
10.日本のASIN番号
11.アメリカのASIN番号(又はURL)
12.出品者SKU(リピートの場合)
13.予想利益単価
14.予想利益(利益単価×数量)
15.損益分岐点


↑これ、こうやって書くとかなり面倒そうに見えますが、

実際はエクセルにフォーマットを作っていますので、

すぐに入力できます。




で、さらに数日後にAmazon.comやebayの

注文履歴画面を開いて、以下を入力


1.セラー名
2.追跡番号
3.(注文番号)



注文番号は、最近は入力していません。

転送会社が輸入コムの時にはよく使っていました。




最後にカード会社の明細や

paypal決済画面を開いて、

日本円の購入金額を入力。

「割る数量」で単価も自動計算。




さらに転送会社に商品が届いたら、

追跡番号を確認しながら、

「到着日」と「転送会社の管理番号」を入力。




って感じです。

細かくてすみません。




ですが、ここまでやっておけば、

トラブルが起きた時に数量が増えていても

すぐに対処ができますし、

次回以降の注文時にもいろいろと参考になります。




本当はCSVデータでダウンロードをできるように

してくれたら、すごく便利だと思っているんですが、

現状ではそのサービスはまだ展開されていないようです。




もっと楽にできる方法をご存知の方がいましたら

ぜひ教えてください!

(情報発信者が情報を請うとかwww)





本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。


いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


続きを読む


posted by TOMOZOU at 10:22 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ネットショップの活用方法(後編)



こんにちは。

TOMOZOUです。







今日は昨日に引き続き、

ネットショップの活用方法をお伝えしていきます。




まず、昨日までの復習です。

Amazon.comやebayで検索



商品名をコピー



グーグルショッピングを開く

http://www.google.com/shopping



商品名をペースト



評価に注意



送料が多少高くても気にしない



サイトを開く





ここまではよろしいでしょか?

そして次ですが、別のタブで、

ここを開いてみてください。


↓(スキャンアドバイザーズドットコム)

http://www.scamadviser.com/check-website


ここはそのネットショップの健全性を調べるサイトです。

ここにネットショップのURLをコピペして

貼り付けてみてください。




そうすると0%〜100%で、そのサイトの信頼性が

表示されます。

100%の場合はほぼ信頼できますが、

低い場合は、私はそこから買うのを諦めています。

90%以上くらいを私の場合は目安にしています。

またどこに本拠地を置いている会社とか、

設立年度や、なぜ信頼できないのか

なども出ていますので、

しっかり確認してください。

またここはあくまでも目安ですので、

購入する場合は、

自己責任でお願いします。





そしてこのサイトで信頼できた場合ですが、

そのネットショップの画面で、

まずは送料が無料になるのか、

また何$以上で無料になるのかを

確認してみてください。





それと決済方法にペイパルがあるのかどうかも

合わせて確認してみてください。





全ての条件が整った場合は、

購入に踏み切りますが、

私の場合は、もう一手間加えています。





購入する前に、

もう一度別のタブを開き、

ショップ名+coupon(クーポン)

で検索してみてください。





そうすると、わりと簡単にクーポンコードが

出てきて、さらに10%オフとかしてくれます。





クーポン大国アメリカおそるべしです。

これでAmazon.comやebayよりも

かなり安く買えるようになっているはずです。





リスク回避の方法としては、


1.グーグルショッピングの評価

2.スキャンアドバイザーズでの信頼度


の二つで回避していますが、

一番最後の砦として、


3.「ペイパル決済」に対応している


というところも注目すべきポイントです。





ペイパルで決済した場合、

最悪のケース(商品が送られてこない)などの場合に、

ペイパルが保障してくれます。

ペイパルに電話をすれば、

日本人がしっかりと対応してくれ

返金されるまでしっかりとやってくれます。

私も一度だけ被害に遭いましたが、

ペイパルの対応はかなり素晴らしかったです。

結局ネットショップからは返金されませんでしたが、

ペイパルがしっかりと全額を返金保障してくれました。





こういう感じで

少しづつ、信頼できるネットショップを増やしていくと

どんどん有利になっていきますよ。

ぜひ有効に活用してください。





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



今日の内容は、応援してもらっても
良いと思うんですよね。(´・ω・`)↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

posted by TOMOZOU at 14:00 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ネットショップの活用方法(前編)



こんにちは。

TOMOZOUです。






ほとんどの方の仕入先は

Amazon.comやebayからだと思いますが、

ネットショップを活用すると

かなり有利になりますので、

今日と明日の二回に分けて、

ネットショップの活用方法をお伝えしますね。

探し方のコツからリスク回避までお伝えしますので、

少し長くなるため、2回に分割します。




まずはいつも通り、Amazon.comやebayから

探しますよね。

そしてそれでは利益があまり取れない場合、

すぐに他の商品を探し始めるのではなく、

私はグーグルショッピングを開いて、

商品名をコピペして検索します。↓

http://www.google.com/shopping





ちなみにグーグルショッピングではなく、

通常の検索窓に直接商品名を入力することもありますし、

ebayやAmazon.comのセラー名が

ネットショッピング名になっている場合もありますので、

その方のセラー名で検索することもあります。





とりあえず今回はグーグルショッピングで

教えていきますね。





グーグルショッピングの検索窓に

商品名をコピペして検索をすると、

商品が一覧でズラっと出てきますので、

商品画像の右側(下)を読みます。

価格や○件以上のショップが販売ってところを見て、

安くて多そうなところの商品名をクリック。

次に○件以上のショップの価格を比較

をクリックします。





そうすると各ショップの価格の比較が一覧で出てきます。

まずここで注目するのは、

そのショップの評価件数と価格です。





評価件数に関しては、

評価が全く入っていないところは、

私は、ほぼ購入先候補から外しています。





リスクが高いからです。

開いてみると、明らかに簡易的に作られた、

詐欺っぽいサイトということもたまにあります。





それと評価がたくさん入っていても、

聞いたことのないサイト名だった場合は、

一応評価の中身も見てみてください。





たまにですが、自演の評価を入れている業者もいます。

全て良い評価で、コメントもgoodとか一言で

終わっている場合は要注意です。





それと価格に関しては、

送料を別でとっているショップがほとんどですが、

ネットショップの場合は、複数購入して、

ある一定以上の金額を購入する場合は、

送料が無料になることが多いので、

ここの画面で送料が高いからといって、

諦めるのはまだ早いです。





そしてある程度購入先候補が決まったら

そのサイトを開いてみます。





ですがすぐに購入することはしません。

私の場合は次に

そのサイトの安全性・信頼性を確かめています。





なんですけど、少し長くなってしまったので、

続きはまた明日書きます。





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


今日の内容では、
まだ応援されるまでもないです(´・ω・`)↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

posted by TOMOZOU at 13:14 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

相乗りされない商品A



こんにちは。

TOMOZOUです。






ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

と。時候の挨拶はどうでも良いので本題に入りますw




初級から中級へのステップアップとして、

相乗りされない商品を作っていくことを

オススメしております。

今日はその第2弾です。







Aオマケ付きを作る


まあこれはよく言われていることですが、

オマケ付きを作ると相乗りされにくくなります。

私の事例をご紹介します。




1年以上前に、価格差のある商品をみつけました。

もちろん相乗りです。

すでに出品者は他にも3名ほどいましたが、

さっそく入荷させ販売を開始しました。

ここまでは普通です。




ある時、顧客から連絡がありました。


「日本語の説明書付きって書いてあったのに
説明書が付いていないです!」





私はもう一度カタログを確認しました。

商品タイトルに

「日本語説明書付き」

って文言が追加されとる(´Д` )




でもこれは楽勝です。

商品名+説明書(+PDF)

とかで検索すれば、わりとみつかりますので、

それで解決です。

もしなければ他の類似商品の説明書を参考にして

自分で作れば良い。




私は、今度はPDF説明書を付けてリピート。

この時点で、他の出品者は1名くらい脱落していました。




そのうちにまた顧客から連絡がありました。


「オマケ付きって書いてあるのに
オマケが付いていないです!」





私は再度カタログを確認しました。

商品タイトルに

「オマケ付き」

って文言がさらに追加されとる(´Д` )




実際は「オマケ」ではなく、

この商品の関連商品なんですけど、

1個ではなく複数種類のオマケでした。




これかなり難易度が高いです。




だけど他の出品者は確実に脱落するだろうと

思ったので、ネットショップを探しまくり、

卸から複数種類をまとめ買い。

まとめ買いしないとオマケが高くついてしまって

薄利になっちゃうんです。




こうして私は、

オマケを付けて販売することに成功しました。




この時点で、この商品を販売していたのは、

カタログを書き換えた出品者と私の2名だけ。




それから1年。

現在はどうなったのかというと、

なぜかこのカタログを書き換えた出品者は

いなくなってしまいました。




つまり、現在は単独で私だけが販売しています。

粗利率50%超えで月に5個くらい売れています。

$20/個くらいで仕入れて2400円/個くらいの粗利です。




苦労した商品には、

やはり誰も入ってこれないですね。




ほんの少しの苦労の積み重ねが、

徐々に自分を楽にしていきます。




と、私は身を持って思っています。






本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



ぐんぐん上昇していく
このブログのランキング順位を確認するには
コチラから↓



輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


興味がなければ別に大丈夫です(´・ω・`)



posted by TOMOZOU at 05:34 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

もう少しだけ頑張る!



こんにちは。

TOMOZOUです。







記事のタイトルですが、

自分へのエールではないです(笑)

決して昨日の記事の続きではないのでw




アマゾン輸入のノウハウを綴った無料コンテンツとか、

セミナーへの案内文章などで、よく目にする、



「リサーチを頑張るのは最初だけで、

2回目以降はリピートをするだけだから、

ピコピコクリックするだけです!超簡単です!

私はこれで月に○○万円を稼いでいます!」



とか書いちゃっている人。


たまに見かけますよねw




少しアマゾン輸入を実践したことのある人だったら

すぐにわかると思うんですけど、

あれ大ウソですw




ピコピコクリックするだけで

そんなに簡単に儲かるわけがないです(笑)




そんなことをしていると、

すぐにその商品への相乗り出品者が増えて

アッという間に価格が崩壊してしまいますよね。

みなさんも身をもって経験していると思います。




オススメなのはですね。

2回目以降のリピート仕入れ時にも


「もう少しだけ頑張る」


ということです。




1回目の仕入れ時のリサーチ先は、

アマゾン.comとebayくらいでも良いと思うんですよ。

それで価格差があれば、

仕入れても大体は利益が取れますよね。




だけどリピートをして2回目以降に販売する頃には、

さらに相乗り出品者が増えてくる可能性があります。

当然価格は崩壊していきます。




ですので、2回目以降の仕入れは

他の仕入先もみつけていくべきです。




調子に乗ってアマゾン.comの画面を

ピコピコクリックしていても儲からなくなりますよ。




とりあえずは、他のネットショップから仕入れるか、

ebayセラーに交渉をするか、

のどちらかがオススメですね。




特に他のネットショップから探すのは

超オススメです。

たしかにアマゾン.comの画面をピコピコすることよりも

難易度は少しだけ上がりますけど、

そのうちに慣れてきますよ。




ここで、「それは難易度が高そう」とか

「もし詐欺にでもあったら大変だ」とか思っている人。




あなたがそのように思っているということは、

他の人もそのように思っている可能性が高いです。




ということは、これは立派な参入障壁になっています。

つまり実践した者勝ちということですよね。




私が見ていても、

アマゾン輸入の出品者の中で

アマゾン.comやebayからしか

仕入れていないんだろうな〜

という方はけっこういます。




もう少し他のネットショップから探していれば、

ウハウハになっていたのに。(´・ω・`)



と、私はよく思っています。

おかげで私がウハウハなんですけどね(笑)




ちなみにebayセラーやアマゾン.comの

自己発送セラーの中には

受注発注で他の米国のネットショップから仕入れて

発送をしているセラーもけっこういます。




日本にもそういう人っているじゃないですか。

ヤフオクから仕入れてアマゾンで売るとか。




これはつまりネットショップを探せば、

さらに安い商品が見つけられるということです。




私自身もそうでしたが、

安易にピコピコするのは簡単ですけど、

徐々に売り上げも粗利も下がっていきますよ。

もう少しだけ頑張るということを続けていくと

徐々に売り上げも粗利も上がっていきます^^




ぜひもう少しだけ頑張ってみてください!







本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




↓こっちは安易にピコピコしてください(*´ω`*)


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ



posted by TOMOZOU at 02:58 | Comment(2) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

相乗りされない商品@



こんにちは。

TOMOZOUです。







私が現在販売中の商品の中には、

ほとんど誰にも相乗りされていない商品があります。




これらの商品は、私の貴重な資金源になっています。




ただの商品リサーチやセラーリサーチで

相乗りばかりをしていると、

結局、価格競争が起こり

最終的には赤字価格にまで相場が下がって、

「赤字で売り切るのか」

「高値で放置するのか」

の選択になってしまいますよね。




ですので、誰にも相乗りされないような商品を

作っていくことが、初級→中級へのステップアップ

になるのではないでしょうか。




では、どうやってそういう商品を作っていくのか

ということですが、

これからたまに、実際に私が出品している商品で

ほとんど誰にも相乗りされていない商品を

どうやって作ったか(あるいは見つけたか)を

書いていきますので、

ぜひ参考にしてみてください。




今日はとりあえず1つだけ書きますね。





@.見つけるのにものすごく苦労した商品


1年以上前から、たった1人の出品者が

単独で売り続けている商品がありました。

ASINや型番で検索しても何一つ一致しません。

日本語の商品名を英訳して検索してみても

全くヒットしません。




それもそのはずです。

この出品者は、


商品の使用用途を変えて販売していたからなんです。



例えて言うなら、

「工事現場のヘルメット」を

「防災用ヘルメット」として


売っている感じですかね。



どんなに防災用ヘルメットを英訳して検索しても

ヒットする訳がないんです。




私はアレコレ検索ワードを引っ張り出して、

かなり長い時間探し続けた結果、

なんとか見つけることに成功しました。




しかし、ようやく見つけたこの商品の

アメリカのアマゾンの販売価格は、

利益が取れない価格帯で販売されていたんです。




私はさらに、他のネットショップでも同商品を探し続け

ようやく安く売っているところを見つけました。

そして今でもそこから仕入れて販売しています。




1年以上経った今でも

その商品を販売しているのは、

私と、最初から出品しているこの出品者の

2人だけです。




ちなみにこの商品の粗利率は45%以上で、

月に10個は売れています。

かなりおいしい商品になっています。






とまあ、他にも相乗りされにくい商品の見つけ方、

作り方はありますが、

とりあえず何か一つでもヒントにしていただけたら

嬉しいですね。

またそのうちに、このシリーズも書いていきますね!







本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



↓何か一つでもヒントになったらポチっと


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


↓何一つヒントにならなくてもポチっと


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


してくれなくても大丈夫です。(´・ω・`)


posted by TOMOZOU at 02:23 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

リサーチツールの落とし穴



こんにちは。

TOMOZOUです。








リサーチをしていて、

よく思うことがあるんですけど、

それを今日は書きますね。




リサーチツールやamashow・モノレートを使うと、

いつも最低価格が表示されていますよね。

そのように抽出するように

システムが設定されているんでしょうけど。




で、この価格だけを見て判断している人が

けっこう多そうなんですよね。




パっと見て、利益が取れないと思った商品でも、

実際にその商品のカタログページをよく見てみると

実は、利益が取れて仕入れができる商品だったり

することもあるんです。






例えば、わかりやすいように極端な例で書くと、


日本の最安値 : 3,280円

米国の最安値 : $40.00




という商品がリサーチツールで表示されていたと

するじゃないですか。




これを見ると普通の感覚なら

絶対に仕入れられない商品ですよね。




で、ここで諦めてしまうのは早すぎます。



日本のアマゾンカタログページを開いてみると

3,280円で販売しているのは無在庫出品者で、

実際にカートに入っているのは、

7,800円で販売しているFBA出品者だったり

することがあります。




そして今度は米国アマゾンカタログページを開くと

$40で販売しているのはFBA出品者で、

実際には、$20で販売してる自己発送出品者が

最安値だったりすることもあるんです。




もしこのような状況だった場合、

$20で購入して、7,800円で販売することができます。




これはかなり儲かりますよね。

もう一度書きますけど、これは極端な例ですけど(笑)




それと、こういう商品って

意外にみなさん見落としがちなので、

ライバル出品者が少ないことが多いです。

比較的売れやすいです。




デメリットは一つ一つの商品のカタログページを

日本と米国で開かなければならないので、

その分、時間がかかるということですね。




ですので、できるだけリサーチ時間を多く確保して、

このように、より精度の高いリサーチを

できる限りすることをオススメします。








本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




↓ちなみに、こんなものを始めてみました。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ




これって、ずっとアフィリエイトだと思っていたんですけど、

ただのランキングだったんですね。

ブログ系にはホント弱いです。。。(´・ω・`)

別にポチしなくても大丈夫です(´・ω・`)




輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

(´・ω・`) 別に大丈夫です。

posted by TOMOZOU at 21:51 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

仕入価格を簡単に安くする方法A



こんにちは。

TOMOZOUです。






以前に仕入価格を簡単に安くする方法として

まとめ買いについて書きましたが、

今回は続編を書きます。




アマゾン.comで仕入れる場合、

自分もFBA出品者なので、

ついついFBAセラーから買いがちです。

それか送料無料のセラーですよね。

だけど実は、送料をとっている出品者から

買うほうが安い場合もあるんです。



例えばですね。


A : $14.80 + 送料無料

B : $15.00 + FBA

C : $14.50 + 送料 $1.00




こんなセラーの出品状況があった場合ですが、

1個だけ買う場合は、AかBから買いますよね。



ですが、例えば5個買う場合、


A : $74.00 + 送料無料

B : $75.00 + FBA

C : $72.50 + 送料$1.00



となる場合があるんです。

そしたらCから買った方がお得ですよね。

これはセラーの送料設定にもよるので、

必ずしもこうなるとは限りませんが、

私は複数買う場合は、

一応Cもカートに入れてみます。




あとこの法則は

ebayセラーにも当てはまります。

Free shipping以外のセラーも

カートに入れて見てみると

送料据え置きなんてこともよくあります。




さらにネットショップに関して言えば、

送料をとっているように見えても

何$以上購入すれば、

送料無料になるなんてこともよくあるので、

よく見てみるとけっこう安くなったりします。





ちなみに私は、

前回の「まとめ買い」と

今回の「送料設定セラー」の合わせ技で

単品FBAセラーよりもびっくりするくらい

安く仕入れられる商品がいくつもあります。




最初は少し大変ですが、

このようにひと手間加えるクセを

つけていきましょう。





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


posted by TOMOZOU at 18:18 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

アマゾン以外からも仕入れるもん



こんにちは。

TOMOZOUです。





欧米輸入を実践されているみなさんは、

いつもどこから仕入れていますか?




いつも思うのですが、

アマゾン輸入ビジネスで結果を出している人ほど、

アメリカのアマゾン以外からも

けっこう仕入れている感じがします。




私の場合の仕入先の順番ですが、

まずは当然アメリカのアマゾンから仕入れてましたね。


そして次は、定番のebayから仕入れました。


しばらくはこの2ヶ所だけだったんですけど、

そのうちに、そこからだとどうしても利益が

取れないような商品が出てきましたので、

他のネットショップからも探すようになりました。


次にまとめ買いで安くなることを発見し、


そして次にebayセラーとの

直取引交渉をしてみました。


その次にebayやネットショップの

クーポン券の存在を知り、


その次に偶然が重なった結果ですが、

卸からの直取引に成功しました。




商品によって購入する場所はバラバラですが、

現在は上記に記載した全てから

購入をしています。




できるだけアマゾンよりも

安く購入できるところを探して、

そういうところをどんどん増やすようにしています。




ですが今でもけっこうアマゾンから購入しています。

だって楽ですからねw

リサーチして初めて仕入れる商品は

ほとんどがアマゾンからです。

リピートの時になって、

アマゾン以外に販売しているところを

探している感じです。





ですが、現状ではほとんどの人が

アマゾンかebayから仕入れていると思うんですよね。

ですので、競争力のある価格で

販売できる仕入先を開拓することは

大きな強みに絶対になります!




ずっと安定した収益を確保するためには、

アマゾンやebay以外からも

仕入れる努力をしてみてください。







本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




posted by TOMOZOU at 02:55 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

ロトの剣ではなくて包丁




こんにちは。

TOMOZOUです。






アマゾン輸入ビジネスをしている人で、

ビジネスを「ドラクエ」に例えている人を

よく見かけます。




確かにドラクエに例えられる部分も

大いにあるのですが、

私は、アマゾン輸入ビジネスは

あくまでもリアルなビジネスですので、

なんでもかんでもドラクエに当てはめて

考えてしまうのは、ちょっと危険だと感じています。




例えばリサーチツール。

超優秀な「リサーチツール」を

ドラクエに例えたら「ロトの剣」だとしましょう。

レベル1からロトの剣を手にしていたら、

最初から圧倒的に攻撃力が高い状態になりますよね。

でも、調子に乗ってどんどん進むと、

自分よりも「すばやさ」の高い敵に出くわします。

すると自分が攻撃するよりも先に攻撃をされます。

攻撃力は最強でも守備力は弱いため、

一撃で倒されてしまいます。




ここで思います。

「すばやさ」の高い敵ってなんだよ(笑)

一撃で倒されるってなんだよ(笑)

無理矢理こじつけようとすれば、

こじつけられるかもしれませんが、

ちょっと無理が出てきます(笑)







だから私は、

リサーチツールを、もしも他の物に例えるならば、


「料理人の包丁」や「画家の筆」に


例えるのが妥当ではないかと思っています。





素人が、プロの料理人が使っているのと

同じ包丁を手にしたとします。

よく切れるので多少は効率が良くなるかもしれませんが、

出来上がる料理にはそんなに差がでません。

だったら最初はもっと安い包丁でも良いと思います。




そして料理の腕を上げて、

「もっと美味しい料理を作るには、

もっとよく切れる包丁が欲しい!」

と思えた時に、

よく切れる包丁に買い換えたら良いと思います。




最初は高い包丁よりも、使い慣れた包丁の方が

美味しい料理を作れると思うんですよね。





ちなみに私は、私自身の腕が上がってきたので、

今使っている包丁(リサーチツール)では、

物足りなくなっています。

ですので、今は見習いの外注さんに

使ってもらっているだけです。

もう少し様子を見て、

買い替えの必要が出てきたら、

もっとよく切れる包丁に買い換えようと思っています。






なんか料理のブログみたいになっちゃいました(´・ω・`)





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


posted by TOMOZOU at 20:48 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。