2015年05月04日

相乗りされない商品A



こんにちは。

TOMOZOUです。






ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

と。時候の挨拶はどうでも良いので本題に入りますw




初級から中級へのステップアップとして、

相乗りされない商品を作っていくことを

オススメしております。

今日はその第2弾です。







Aオマケ付きを作る


まあこれはよく言われていることですが、

オマケ付きを作ると相乗りされにくくなります。

私の事例をご紹介します。




1年以上前に、価格差のある商品をみつけました。

もちろん相乗りです。

すでに出品者は他にも3名ほどいましたが、

さっそく入荷させ販売を開始しました。

ここまでは普通です。




ある時、顧客から連絡がありました。


「日本語の説明書付きって書いてあったのに
説明書が付いていないです!」





私はもう一度カタログを確認しました。

商品タイトルに

「日本語説明書付き」

って文言が追加されとる(´Д` )




でもこれは楽勝です。

商品名+説明書(+PDF)

とかで検索すれば、わりとみつかりますので、

それで解決です。

もしなければ他の類似商品の説明書を参考にして

自分で作れば良い。




私は、今度はPDF説明書を付けてリピート。

この時点で、他の出品者は1名くらい脱落していました。




そのうちにまた顧客から連絡がありました。


「オマケ付きって書いてあるのに
オマケが付いていないです!」





私は再度カタログを確認しました。

商品タイトルに

「オマケ付き」

って文言がさらに追加されとる(´Д` )




実際は「オマケ」ではなく、

この商品の関連商品なんですけど、

1個ではなく複数種類のオマケでした。




これかなり難易度が高いです。




だけど他の出品者は確実に脱落するだろうと

思ったので、ネットショップを探しまくり、

卸から複数種類をまとめ買い。

まとめ買いしないとオマケが高くついてしまって

薄利になっちゃうんです。




こうして私は、

オマケを付けて販売することに成功しました。




この時点で、この商品を販売していたのは、

カタログを書き換えた出品者と私の2名だけ。




それから1年。

現在はどうなったのかというと、

なぜかこのカタログを書き換えた出品者は

いなくなってしまいました。




つまり、現在は単独で私だけが販売しています。

粗利率50%超えで月に5個くらい売れています。

$20/個くらいで仕入れて2400円/個くらいの粗利です。




苦労した商品には、

やはり誰も入ってこれないですね。




ほんの少しの苦労の積み重ねが、

徐々に自分を楽にしていきます。




と、私は身を持って思っています。






本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



ぐんぐん上昇していく
このブログのランキング順位を確認するには
コチラから↓



輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


興味がなければ別に大丈夫です(´・ω・`)





posted by TOMOZOU at 05:34 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。