2015年04月29日

リサーチツールの落とし穴



こんにちは。

TOMOZOUです。








リサーチをしていて、

よく思うことがあるんですけど、

それを今日は書きますね。




リサーチツールやamashow・モノレートを使うと、

いつも最低価格が表示されていますよね。

そのように抽出するように

システムが設定されているんでしょうけど。




で、この価格だけを見て判断している人が

けっこう多そうなんですよね。




パっと見て、利益が取れないと思った商品でも、

実際にその商品のカタログページをよく見てみると

実は、利益が取れて仕入れができる商品だったり

することもあるんです。






例えば、わかりやすいように極端な例で書くと、


日本の最安値 : 3,280円

米国の最安値 : $40.00




という商品がリサーチツールで表示されていたと

するじゃないですか。




これを見ると普通の感覚なら

絶対に仕入れられない商品ですよね。




で、ここで諦めてしまうのは早すぎます。



日本のアマゾンカタログページを開いてみると

3,280円で販売しているのは無在庫出品者で、

実際にカートに入っているのは、

7,800円で販売しているFBA出品者だったり

することがあります。




そして今度は米国アマゾンカタログページを開くと

$40で販売しているのはFBA出品者で、

実際には、$20で販売してる自己発送出品者が

最安値だったりすることもあるんです。




もしこのような状況だった場合、

$20で購入して、7,800円で販売することができます。




これはかなり儲かりますよね。

もう一度書きますけど、これは極端な例ですけど(笑)




それと、こういう商品って

意外にみなさん見落としがちなので、

ライバル出品者が少ないことが多いです。

比較的売れやすいです。




デメリットは一つ一つの商品のカタログページを

日本と米国で開かなければならないので、

その分、時間がかかるということですね。




ですので、できるだけリサーチ時間を多く確保して、

このように、より精度の高いリサーチを

できる限りすることをオススメします。








本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




↓ちなみに、こんなものを始めてみました。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ




これって、ずっとアフィリエイトだと思っていたんですけど、

ただのランキングだったんですね。

ブログ系にはホント弱いです。。。(´・ω・`)

別にポチしなくても大丈夫です(´・ω・`)




輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

(´・ω・`) 別に大丈夫です。



posted by TOMOZOU at 21:51 | Comment(0) | 仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。