2015年02月04日

価格改定奥義 -輪廻転生-



こんにちは。

TOMOZOUです。






今日は私が繰り出したことのある

価格改定の奥義のうちの一つを伝授します!





私の価格改定奥義は全部で3つあります。


1.ツバメ返し

2.輪廻転生

3.風塵(ふうじん)




今日はこの3つの奥義の中でも

最もポピュラーな輪廻転生をお伝えしたいと思います。





そもそも輪廻転生とはウィキペディア先生によると、


死んであの世に還った霊魂(魂)が、
この世に何度も生まれ変わってくること



だ、そうです。



ポピュラーとは言っても、

はっきり言ってずる賢い、いや、言葉を変えると

小賢し(こざかし)こく、小汚く、卑怯で卑劣極まりない、

およそ人道的とも思えない、人の道から外れた

卑怯者のやり方です。




私は1年前と1年半前に1度づつ繰り出しましたが、

今はもうやっていません。


理由はありますが、、、、それは最後に書いておきます。



ある意味、少し怖い話ですので、

心臓の弱い方は、これ以下読むのはお控えください。(笑)





ちなみに、2月はあまり売れずに

価格競争が激化する月ですので、

比較的これを出しやすいと思います。









それでは前置きが長くなりましたが、

これから伝授します。




アマゾン内では、熾烈な価格競争が、

今もあっちこっちでドンパチやっていますよね。

「価格破壊」というより、もはやレッドライン(損益分岐点)

を切って、完全に「価格崩壊」してしまう商品もあります。

まともな神経を持っていたら、

もうはっきり言って「止めて欲しい」と思いますよね。





でも、、、、、








これを意図的に引き起こすんです。







まずは、自分から価格破壊リーダーになるんです。

評価件数30件以下の新人さんなら、

まず喰らいついてきます。



自分が常に単独最低価格になるんです。

合わせられてもさらに価格を引き下げます。



またターゲットは、基本的に新人さんを狙います。

理由は、簡単に価格競争に乗ってくるのと、

損益計算がしっかりできていないことが多いからです。



こうして徐々に、価格の相場を下げていき

レッドラインを切って、


(当初の販売価格) - (崩壊後の価格)


から、アマゾン手数料や送料を差し引いても

利益が残る状態になったところで、

その出品者の商品を全て自分が買い取ります。



これを別名「刈り取り」または「新人狩り」とも言います。

※これも私が勝手に命名しています(笑)



そして買い取ったこの商品を、また当初の適正価格で

再出品する訳です。


さらに私は、買い取った商品の状態を見て、

傷モノの場合は、返品してしまいます。

状態の良い物のみを再販売します。



例え返品しても、その出品者がもう一度

同じ商品を再販売するまでは、

こちらからすれば、

ほぼブルーオーシャン状態です。



また、相手の出品者にとっては、

赤字で売った上に、顧客返品送料と

自分への返送料がとられ、

さらに再出品するのにFBAへの再発送料が

かかりますので、ダメージが大きく、とても痛いです。


しかも傷モノとして返品された商品ですので、

新品と同じ価格ではもう売れません。




一度、崩壊してしまった価格で販売されていた商品を

買い取り(楽にしてあげて)、

再度、適正価格でその商品を販売(黄泉がえり)するため、

輪廻転生です。





この卑劣極まりない手口を、

ブログで公開しようか迷ったのですが、

下記の私の体験談も合わせて読んでいただき、

これを実行するかどうかの判断を、

あなたの良心にお任せします。

ですので、今日は少々長くなってしまいましたが、

もう少しだけお付き合いください。








1年ほど前、



私が商品登録した商品に、一人の新人さんが

私よりも安い価格で、相乗りしてきました。

たしか、私が1,980円で、

新人さんが1,880円だったと思います。



当時、私も意地になってしまい、

この新人さんと不毛な価格競争のバトルを

始めてしまいました。



気づくと、私の価格は800円くらいになっていました。

原価450円くらいの商品です。



そこでふと思いました。

もしもこの新人さんの商品を700円くらいで買い取って、

当初の1980円で売ったら、けっこう儲かるなぁ。と。



そして新人さんは案の定700円に下げてきました。

私は迷わず買い取りました。

たしか15個くらい買い取ったと記憶しています。



ブルーオーシャンになったので、

私は1980円に価格を戻しました。



買い取った商品は、再出品しましたが、

5個くらいは状態が良くなかったので、返品しました。








それから数ヵ月後。






その新人さんをアマゾン内で見かけなくなったので、

気になって探しました。



出品者名で検索したところ、

やっと見つけることができたのですが、

出品者情報にこのような記載があったのです。







ご来店ありがとうございます。

当ショップは3月をもちまして閉店いたしました。

他出品者による、嫌がらせとも思える

大量購入・大量返品などの被害に遭い、

アマゾンのサポートに是正するよう求めたのですが、

残念ながらまともに取り扱ってもらえず、

非常に悔しい想いをしました。

アマゾンは元々大好きで、よく買い物をしていました。

それが高じて今回、出品を始めたのですが、

実際に自分がやってみると、

アマゾンの他の出品者とサポート体制の

質の悪さに、とても失望してしまいました。

大変心残りですが、この3月末を持ちまして、

当ショップは閉店とさせていただきます。

いままで購入してくださった皆様、

短い間でしたが、本当にありがとうございました。








この出品者が、輪廻転生して

アマゾンに復帰してくれることを心から願っています。




本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



タグ:2015年2月
posted by TOMOZOU at 19:20 | Comment(0) | 出品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。