2015年02月28日

大塚家具に学ぶ



こんにちは。

TOMOZOUです。






企業は常に右肩上がりの成長を

続けなければなりません。



アマゾン輸入ビジネスでも同じことが言えます。



毎月50万の利益を継続して出していれば

問題ないじゃないか!

現状維持で良いじゃないか!

満足じゃないか!幸せじゃないか!

と思いますか?



でも我々もまた右肩上がりでなければなりません。



なぜかわかりますか?







大塚家具に学びます。



理由は3つあります。



1つ目は株式会社のみの理由ですが、

株価を上げなければならないからです。


業績が見込めそうな企業に

投資家は投資をしますから、

企業はまず業績を上げなければなりません。



業績を上げれば株価が上がり、

資本力が付き、競争力が増します。

そしてまた業績を上げて行くわけです。



大塚家具の場合は、

父と娘の対立で、社会的注目度が増した影響で、

株価が上がりましたけどw




2つ目の理由は、やはり資本の問題です。


50万円の純利益を稼いだとして、

その利益を全部自分のお小遣いにした場合、

商品を注文できる金額は、先月と全く一緒になります。

次の月も同じように50万円を稼げれば良いのですが、

毎回そう上手くいくとも限りません。


もしも翌月の利益が30万円しか稼げなかったら?


そしてこの30万円を、また全て自分のお小遣いにしたら?


そう遠からず倒産しますよね。


ですので、50万円稼いだら、そのうちの半分位は、

資本として、再投資していかないとなりません。

そうすれば今度は60万円稼げるかもしれないです。

現状維持はすなわち衰退を意味します。




3つ目の理由は、競合他社の問題です。


大塚家具の場合は、

高級家具店として一代でその地位を築き上げ、

その経営方針を貫こう⇔旧態依然とする父親(会長)。

と、IKEAやニトリなどの安さ路線が人気を博する中、

そこに危機感を覚え、新風を起こそうとする娘(社長)。

そんなバトルです。



どちらが良いのかは、詳しい経営実態をよく知らないので、

素人目には、はっきりとはわかりませんが、

いずれにしてもお互いに会社を良くしようとする

強い想いが衝突している現れだと思います。





私たちアマゾン輸入ビジネスを行っている者にとって、

こういう話を対岸の火事にしてはなりません。



アマゾン輸入ビジネスを行っているライバルは

とても多いですね。

しばらくやっていると、増えては消えていく。

そしてまた増えては消えていく。

最終的に実力者だけが生き残っている状態だと

感じています。



同じ経営方針でやっていたら、

他のライバルに真似されたり、

出し抜かれたりします。

すなわち、現状維持はやはり衰退を意味します。



私は、このブログを始めた当初は

「月に20日の休暇です!」

ということを謳い文句にしていました。

当時はその手法で確立できていたからです。

しかし、ある時から徐々に危機感を覚え始めました。

月に20日も休んでいたら、

その間にライバルに出し抜かれる!

と思いました。

こっそりとブログのタイトルの下の

説明の文章を変えているのもそのためですw





私が今回、ここまでダラダラ文章を書いたのには

実は理由があります。

一応、書かなきゃと思いましたが、

あまり人に見られたくないという理由があるからです。

ここまで長々書けば、

このへんは、見ない人も結構いるんじゃないでしょうか。



それでは3つ目の競合他社の話の続きを書きます。



みなさんは現状維持になっていませんか。

進化するために、常に色々考えて行動し、実践していますか。

以前のブログでも書きましたが、

私は、最近になってそこを思い直して、

色々と動いています。

倉庫業者も既に交渉に入っています。




アマゾンの新サービスはご存知ですか?

広告とポイントです。


実行している人はいますか?

どんな内容か100%言える人はいますか?

存在は知っているけど、詳しくは知りませんか?

存在すら知りませんか?



こういうところで差がつきます。

やる人とやらない人。

常に上昇意欲のある人と

現状維持で満足している人。




ちなみに私は既に実行しています。








本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





タグ:2015年2月
posted by TOMOZOU at 06:41 | Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

仕入れる前に算数しよう!



こんにちは。

TOMOZOUです。




みんな大好き算数のお時間です(´・ω・`)



リサーチをした結果、

「あ、これ仕入れられるかも!」

となぜ思うのか。

それは価格差があるからですよね。


ではなぜ「価格差がある!」

と思えるのか。

今日はそこを具体的に書いていきます。






わかりやすいように例を出します。


アメリカの販売価格:$13.48
日本の販売価格:3,800円


さぁ!この商品を仕入れて

果たしていくらの利益が取れるでしょうか?



まずは仕入れ原価を計算します。


その日の為替レートが

$1=119円だったとします。



カード決済の場合、

一般的な為替手数料は1.6%です。



為替手数料込みで考えると、

レートは、

119×1.016=120.9円です。


これに、$13.48を掛けます。

120.9×13.48=1,630円になりますね。

1,630円が仕入れ原価です。―@



次に、販売後のアマゾン手数料などを考えます。


仮にこの商品がホーム&キッチン系の

普通の大きさの商品だったとします。

そうすると

カテゴリー手数料は15%

現在のFBA出荷作業手数料と

発送重量手数料は合わせて319円



以上のことから、

3,800円で販売した場合の売上高は

(3,800×85%)-319円=2,911円

2,911円が売上高です。―A

(※厳密には3,800円が売上高です)



@及びAより、

粗利益は

2,911円-1,630円=1,281円―B

ということになります。



ただ、まだこれだけでは

仕入れの判断基準にはなりません。


これに国際送料・関税・消費税・FBA代行手数料が

経費としてかかってきます。



国際送料は1回に発送する荷物の総重量で

変化しますので、過去の費用対重量で

各個人毎に算出してください。



ここでは仮に800円/1Kgとして計算します。

この商品が200gの商品だった場合の国際送料は、

800円×0.2Kg=160円です。―C



次に関税及び消費税を考えます。

このへんは、厳密に言うとごちゃごちゃになっていて

とても面倒くさいです。

ですので、個人的には、ここは暫定値で求めています。



過去に発送した

「仕入れ総原価」と「関税・消費税額の合計値」から

その割合を算出します。


ここでは暫定値として10%として計算します。


そうすると関税及び消費税額は

1,630円×10%=163円です。―D



最後にFBA代行手数料(国内発送料)も考えます。


これも過去の状況から判断します。

私は、代行会社からの請求額を総数量で割って、

単価を求めています。



ここでは暫定値として30円とします。―E




そして粗利からこれらの経費を引いていきます。


B-C-D-E=927円


これが、暫定値ですが、純利益になります。



そしてさらに利益率を求めます。

利益率は利益÷売上高で求められます。


927÷3,800=24.3%


売上高を2,911円で計算しても良いのですが、

私の場合は3,800で計算して、15%以上なら

ほぼ購入に踏み切っています。

ですので、今回例に出したこの商品の場合は、

確実に注文しますね。



えー!こんなん毎回計算すんの面倒くさいわ!



という方もいるかもしれませんが、

エクセルの仕入れ表の最上段にでも

計算式を入力しておけば一発です。

かなり楽です。

私はそうしています。





以上でーす。

お疲れやまでした(´・ω・`)




本日も最後まで読んでいただき

ありがとうやまでした。



posted by TOMOZOU at 00:59 | Comment(0) | 初級(初心者さん向き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

深夜の珍プレー



こんにちは。

TOMOZOUです。





今日は、一昨日の深夜に起きた

名珍プレーを報告しますw



まず、私は以前の記事でも書きましたが、

価格改定ツールは使用していません。

理由は以下の3つです。


1.商品毎に戦略を練りたい

2.価格改定奥義を発動したい

3.値下げ競争にできるだけ巻き込まれたくない



で、私が新規で登録した商品に、

実に多くの方が参入してくださったおかげで、

なかなかの薄利になった商品も

けっこうあるんですね。



ある商品なんですが、

最初は一人で5800円で売っていたんですが、

気がついたら20名近くの方にご賛同いただいて、

3400円になってしまっていました。

まぁ、これでも粗利率20%以上の商品です。



それで、あまりにも右へ倣えで価格が下がるので、

価格改定ツールを利用している人が

どれだけいるのかなぁ〜なんて、

下衆い気持ちが働きまして、

こっそりと実験をしてみようと思ったんです。



それで、一昨日の夜に実験をしてみました。



20名近くいる出品者のうち、

最初は、私を含め11名の方が、

最低価格でこの商品を販売していました。

この時の最低価格は3400円です。



適当に価格を下げたり上げたりして

他の出品者が価格改定ツールで

自動的に価格が下がってくるのを待ちました。




結果、私以外の10名中5名の方が

価格改定ツールを導入していることが判明。



以下、最終価格


3400円 オレ他5名
2716円 1名
2551円 1名
2390円 1名
2145円 2名






下がり過ぎwww



輪廻転生を発動しようかとも考えたんですが、

もう私は絶対にしないと決めていますので、

そっとしておきました。



この5名の方は価格改定ツールに頼りっきりなので、

もう価格が戻ってこないんですよねー。

3400円に価格が戻ってくるまでは

まだけっこう時間がかかりそうです。。。。。。




やべ!自分の首も絞めてたwww



ファインプレーを出すつもりが

とんだ珍プレーになっちゃいましたw



ちなみにこの後、手動で価格を合わせてくる

出品者もいて、本日の状態なんですが、


3400円 オレ他3名
2716円 1名
2551円 1名
2390円 1名
2145円 4名
1480円 1名




1480円ってwww


確実に損益分岐点超えてますよー。

輪廻転生しちゃうよーwしないけど。


大体わかるんですが、

2145円で合わせている方は

送料と関税を考えていないですね。

1480円は残念ながら論外です。

やっぱり価格改定ツールは

しっかり管理しないと、大赤字になるだけですね。

みなさんも気をつけましょー!




本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



【関連記事】
続きを読む
posted by TOMOZOU at 21:40 | Comment(0) | 出品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

祝!100記事!!!



こんにちは!

TOMOZOUです。




皆さまのおかげを持ちまして、

ついに今回でこのブログが



100記事を
迎えることができましたー!!


(いい歳したオッサンが
女子のようなこのキラキラ感、イタタ・・・・・w)



思えばこのブログを書き始めた時に、

100記事を書き上げるまでは、

必ず毎日書き続けよう!と決心し、

書き始めたものでした。



途中、家庭の事情で1週間ブログの更新を止めたものの、

それ以外は、なんとか毎日書き続けることができました。




でもこれは、私一人の力では、

毎日書き続けるモチベーションは

おそらく保てなかったと思います!



これもひとえに、毎回ブログを読んでくださる皆様が

暖かく読み続けてくださったからです!



これは本気でそう思っています!


本当にありがとうございます!



記事のネタになりそうなことは

まだまだあります!

今後も皆様により良い情報を提供できるよう

決意を新たにブログを書き続けてまいります!



次は目指せ200記事です!




そして、昨日の記事と少し話がかぶってしまいますが、

皆様に良い情報を提供するためには、

私自身がもっと努力をしないとなりませんね。



常に己に厳しくあり続けたいと思います。



それでは皆様、

いつも適当に書きたいことを書いているだけの

こんなブログですが、

今後ともよろしくお願いします!





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!



タグ:2015年2月
posted by TOMOZOU at 01:30 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

反省しています。



こんにちは。

TOMOZOUです。





私はいま、かなり反省しています。

猛省とも言います。



何を反省しているのかというと、

利益を上げる努力を怠っていたことです。



ヤフオクに初めて出品した頃。

ヤフオクからのアマゾン転売を始めた頃。

アマゾン輸入ビジネスを始めた頃。



あの時は、お金が今よりも全然なく、

少ない資金の中、生きるために必死で、

死に物狂いでたくさん調べて、

自分で言うのもなんですが、

相当な努力を重ねていました。



全て初めてのことばかりでも、

なんとか勇気を出して行動し、

少しづつ結果を出しては一喜一憂し、

それなりに充実した毎日を送っていました。




今は・・・・・・?



確かに全く何も考えていない訳ではありません。

しかし、あの頃と比べると、

明らかに必死さが足りません。

現状の右肩上がりのグラフだけで、そこそこ満足し、

更に飛躍しようという気持ちが薄れてしまっておりました。




意識の改革が必要です。



まずは物流を再度見直していこうと思っています。

現状の料金よりも、

更に低コストで且つ安全に発送できるように

様々な業者を調べて比較検討し、

交渉の余地がありそうであれば

交渉を入れていきたいと思います。



他にも見直したいことはありますが、

一番見直したいのは、私自身の意識です。





なんか今日は、

ただの反省文でした。





本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



posted by TOMOZOU at 00:09 | Comment(0) | 倉庫業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

アマゾン輸入成功の10箇条



こんにちは。

TOMOZOUです。





初心者さん必見!

私がこのブログで今まで書いてきた

「アマゾン輸入ビジネスを成功させる秘訣」を

10個ほどにまとめてみました。



@転売ではなくビジネス

転売のイメージで始めると失敗します。

そんなお気軽&お手軽なものじゃないです。

まずは、「ビジネス」だという意識で取り組んでください。



A財布を分ける

普段使う銀行口座とビジネスで使う銀行口座を

絶対に分けてください。

一緒にしていると金銭管理が正しくできません。

必ず失敗します。



B損益計算とキャッシュフロー

金銭管理は正確に行ってください。

毎月の損益計算とお金の流れをしっかりと把握すること。

経費を正確に。例え1円でも絶対に曖昧にしないこと。

ここを正確に管理していないと、

儲かっているつもりでも、気がついたら黒字倒産です。



C著作権・商標権の把握

利益率が高いものを狙うあまり、

著作権や商標権を侵害している商品を入荷させないこと。

一発でアカウント停止になる可能性があります。



D業務の効率化

リサーチツールやFBA納品代行、アマゾンのFBAなど、

外部に委託できるものはどんどん外部に委託しましょう。

月額料金など固定の費用はかかりますが、

その経費分は絶対に取り返そうという気持ちでやれますし、

なによりも作業時間の大幅カットになるので、

より効率的になります。



Eビジョンと方向性

ビジョン(どうなりたいのか)と、

方向性(どういうルートで進むのか)を、

より明確に、そして楽しく思い描いてください。

そしてワクワクしながらポジティブに考え行動してください。



F目標管理とライバル

実現可能な利益目標を掲げ、

常に現状とのギャップを把握してください。

時に勝手にライバルなどを設定して

追い越すつもりでやるのも有効です。



G経験

最初は毎日リサーチをして、どんどん売りましょう。

そうして経験を積むことで、

徐々に稼げる商品を見つけることができるようになります。



H知識

ブログやメルマガなどで、常に知識を仕入れてください。

「知識と知識」や「知識と経験」が結びついて、

様々な戦略が考えられるようになり、

自ずと次の一手が生まれます。



I評価

評価は高い状態をキープしてください。

カートボックス獲得率を含め、購入率が上がります。

そのためには健全な経営努力が必要になります。





以上です。



本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



posted by TOMOZOU at 00:13 | Comment(0) | 初級(初心者さん向き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

アマゾン輸入のブログについて



こんにちは。

TOMOZOUです。





私は、自分以外の、

アマゾン輸入ビジネス関連のブログを

けっこう読んでいます^^



途中で急に更新がストップしているブログや

アカウントが停止された記事を最後に

更新されていないブログもあります。



そして最近もまた、

アカウントが停止になったことを伝えているブログや、

アカウントの停止は伝えずに、

フェードアウトしつつあるブログがあります。



けっこうアカウントを停止されている人、多いです。。。。



あ、明日は我が身ですね。。。。こわこわ。



私がこれらを見て思うのは、

まずは人の恨みを買っちゃダメですね。

恨みを買うような行為をしていると、

いつか報復されます。



健全に前だけを見て走りましょう!

人の脚を引っ張るような行為はやめましょう!



それと妙に利益率が高い商品には気を付けましょうね。

著作権や商標権について考えてみてください。

報復行為の格好の的です。



アマゾンのアカウントが停止になったら、

今まで得たノウハウも、書いてきたブログも

ほぼ無駄になってしまいます。

目先の利益に走るあまり、

将来を見据えた計画も、全てが一瞬で泡になります。

春の夜の夢のごとしですね。







これとは対照的に

私がいつも読んでいるブログで、

勝手にオススメしたいブログもあります。



私のブログに共感していただける方でしたら、

恐らく共感していただけると思いますし、

参考になると思いますよ。



というか、私のブログをご覧いただいている方でしたら、

多分こっちを先に読んでいる可能性が高いんですけどね(笑)



あくまでも勝手にオススメさせていただきます。




オススメその@




としぞーさんのブログです。

マインド、ビジネスに対する考え方、

これらが私と近いと感じ、共感しています。

歳も私よりもだいぶ若いのに、

とてもしっかりとした人で、

考えさせられることも多く、非常に勉強になります。

としぞーさんの考え方は、

もはやアマゾン輸入の域を超えています。

毎日更新しているのに読みやすく、超オススメです。





オススメA




イクメン起業家じゅんさん(土屋さん)のブログです。

ビジネスモデルの方向性が私に近く、歳も近く、

全体的になんとなく私とタイプが似ている気がします。

というか私が勝手にライバル視しています(笑)

ですが、既にしっかりと株式化されていますので、

現時点では、私は完全に負けてしまっています。

こちらも毎日更新しているのが嬉しいです。

いつも勉強させてもらっています。






あくまでも勝手にオススメしているだけですよー。

私とは全く無関係です。

TOMOZOU?キミ誰?って言われるレベルですw

パイプは何一つつながっていませんので。m(_ _)m



また、私が参考にさせていただいているブログは

他にもいっぱいありますし、

まだ私が読んだことのない、

素晴らしいブログも沢山あると思います!



良いブログを発見できたら、

またご紹介しますね!



私もアマゾン輸入ビジネスのブログを書いている人が、

オススメしたくなるようなブログになるよう、

これからも有益な情報を提供していきますね!






本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


タグ:2015年2月
posted by TOMOZOU at 18:54 | Comment(0) | アマゾン輸入(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

ブログについて考えてみた



こんにちは。

TOMOZOUです。




実はですね。


私はブログを書いたのは、

このブログが初めてなんです。



なので、未だにブログの仕組みが

よくわかっていません。

勉強不足なだけなんです。わかってます。

お恥ずかしいです。



なんとなくですが、ワードプレスを使って、

自分でカスタマイズしたブログの方が

みなさんに読みやすいブログにできるのかなぁ。

なんて思っています。



そんな訳ですので、そのうちに

ブログをお引越ししようかとも考えております。



お引越しした場合は、もちろんこのブログで

ちゃんとお伝えしますので、安心してくださいね。



ちなみにワードプレスという言葉の使い方もですね、

実はこれで合っているのかどうかも怪しいレベルなんです。

お恥ずかしいです。

ブログの幼稚園があったら入りたいです。



それでですね。

ブログに詳しい方には当たり前の事だとは思うんですけど、

ほんの少しだけ、私なりに工夫していることがありますので、

お伝えしたいと思います。



このブログの左側にタグクラウドってのがありますよね?

そこに2014年11月とか2014年12月とかがあるのは

わかりますかね?



ここで少しだけ上にスクロールして、

この表示があるかどうか

1回だけ確認していただけないでしょうか?



















ここをクリックすると、月別の過去記事タイトルが

一覧で出るようになってるんです。



右側の「過去ログ」を開いちゃうと

なにやらダラダラ出てきちゃうので、

左側の「タグクラウド」をお勧めします。



是非ですね。ここをクリックしてみていただいて、

月別の記事のタイトル一覧を見て、

興味の湧きそうな記事を

ズバズバっと読んでいただきたいんですね。



あのですね。

これは強制ではなくてですね、

タイトルの一覧が出て読みやすいですよー

っていう告知をしたいだけなんです。

もしよければ、ここでちょっと

タイトル一覧を表示させてみて、

戻ってきていただいても良いですかね?































面倒くさいですねかね?

わかりました。



ブログに詳しい方でしたら、

これは当たり前なことなのかも知れないので、

正直言うと、今回は無知な自分をさらけ出すのが

とても恥ずかしくてですね、

文体も萎縮してこんな感じになっちゃってます。




ちっちゃい人間ってのはこんな感じです。




本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



タグ:2015年2月
posted by TOMOZOU at 05:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

3月の戦略



こんにちは。

TOMOZOUです。






現在2月の真っ只中ですが、

3月の戦略がほぼ立ったので、

ご報告しますね!



まず入荷させる商品に関しては、

外注さんが結構頑張ってくれていますので、

まずは外注さんの見つけてくれた商品が

おそらく100種類くらい。


私は私で、前回に引き続き

セラーリサーチからの相乗り出品で、

さらに200種類くらい。


いつも通りのリピート商品が約150種類


新規登録商品に関しては、

お客様からの要望があった

ニーズの高そうな商品のみを、

今回は少なめに

5種類くらい入荷させようと思っています。



私は、お客様からの評価をガンガンいただいたり、

電話対応を積極的にしていますので、

お客様のニーズなどを把握することが

他の出品者の方よりも比較的容易な環境にいます。

こういう地道な努力が

けっこう無駄じゃなかったりするということを、

かなり実感しちゃってるんです。


今回入荷させる予定のこの約5種類の商品は、

かなり売れ筋になりそうな予感がしております!




販売に関しては12月と一緒ですね!

商戦期ですので、ガツガツいきます!

大量仕入れの大量販売!

過去最高益をたたき出します!






やばい!





ムダがない!
ムラもない!
ムリもない!









あ、ムムム。ダラリ????
























本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!


posted by TOMOZOU at 03:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

被害報告B 弊社の商品



こんにちは。

TOMOZOUです。




アマゾン輸入をやっていて一度は経験するのが

「この商品は弊社のオリジナル商品です」

ってヤツです。

ウソつけwって感じなんですけどね。



中国輸入をやっていると、結構もらいやすいです。

私は、過去に4回経験しました。

1回は本物でしたが、残りの3回はウソでした。



簡単に言うと、

突然自分のところにメッセージが届いて、

弊社のオリジナル商品だから

今すぐ出品を取り下げろ。

ということなんですが、

他出品者を排除するための嘘であることがほとんどです。

いわば嫌がらせです。



私がもらった過去の実例文とそれへの対応文を

2つほど、商品名や会社名だけは伏せて

そのまま載せちゃいますね。





まず一通目

○○様

△△△の代表をしている××と申します。
Amazonに温泉温泉を出品されているようですが、
お取り引きをさせて頂いている企業様の中に
御社の名前はございませんでした。

Amazonにおける温泉温泉は、
私どものブランド名△△△で商品登録をしております。
よって当然ながら
商品にも同じくブランド名が記載されますが、

御社の商品はどこの誰が作ったものでしょうか?

また私どもの商品には、商品説明欄にも記載のある通り、
◇◇社☼☼を使用して製作をしております。

こちら、
・△△△のブランド名の記載の無い商品を
 取り扱われている事

・◇◇社☼☼を使用しているのか疑念があること
・商品サイズが商品ページ記載のものと同一かどうか
 疑念があること


以上の3点からAmazonのブランド名△△△のページから
即刻出品を取りやめてくださいますよう
勧告を申し上げます。


出品を取りやめる様子が見られない場合、
御社仕入れの温泉温泉を購入し、Amazonに実態を報告し、
アカウント停止の処分をして頂くか、
御社仕入れの温泉温泉を全て購入し、
商品説明と違うと言う事で全て返品し、
全て評価1をつけさせて頂きます。

ご理解の程よろしくお願いします。

△△△
代表 ××


で、シカトしていたんですけど、

この二日後にもう一通来て、

同じ内容の文面に加えて末筆に



2回目のご連絡となり、
かつ出品を取りやめる様子が見受けられないため、
すぐにご返信を頂けない場合には、措置を取らせて頂きます。
ご理解の程よろしくお願いします。


という文面が加えられて届きました。




で、これに対する私の返答


△△
代表 ×× 様

お世話になります。
○○と申します。

この度はご迷惑をお掛けしており、
大変申し訳ございませんでした。

貴社のメール本文に関しては、すでに弊社から
アマゾンに通告させていただいておりますので、
ご安心下さいませ。

結論から申し上げますと、
本商品の貴社によるカタログ作成に関して、
アマゾンのポリシー違反であることが
アマゾン様の判断により見受けられたため、
まもなく本カタログはノーブランド品に改称され、
貴社にはアマゾン様から警告文が届くと思われます。

また今回のように度重なる脅迫文や
嫌がらせ行為を示唆するような内容に関しては、
貴社の出品用もしくは購入用のアカウント停止に
つながる可能性があるとのことです。
そのことも視野に入れて、
現在アマゾン様で検討中でございますので、
ご認識のほど、よろしくお願いいたします。

今後更に弊社に同様のご連絡が届いた場合や、
貴社のご連絡通りのことが実行された場合、
弊社の顧問弁護士と相談の上、
しかるべき機関に通報する可能性もございますことを
併せてご報告いたします。
弊社の正当性に関しては、
アマゾン様に確認済みでございます。

本来であれば、貴社からのご連絡に対して、
弊社からは何ら返答をしなくても良い旨
アマゾン様から助言をいただいておりますが、
何度もお手数をお掛けするのも心苦しいので、
このような形でご報告をさせていただいたことを
何卒お許しくださいませ。

それではご迷惑をおかけしており、大変恐縮ですが、
近日中にアマゾン様よりご連絡が入ると思いますので、
ご対応のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 

この後、ダメ押しでもう一通


補足いたします。

貴社が万が一、弊社商品を全て買取り
評価1を付けた場合、
アマゾン様が全て削除することを
アマゾン様よりすでに確約いただいております。

貴社の経費や労力が無になることのないよう
願っております。

ご認識のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 

って感じです。


まぁ、誰でも仕入れられる並行輸入品を

弊社オリジナル商品とか言っちゃってる時点で

この方はアウトですからね。



こういう人には然るべき制裁を与えましょう。

ちなみに、まもなくノーブランドに改称されました。

この出品者がどうなっちゃったのかは知りません。

また知りたくもありません。





では、実例文をもう一通


○○様

お世話になります。

突然のメールで大変失礼しました。

先程出品情報を確認したところ、
御社が弊社のオリジナル商品を
許可なしで販売されているようです。
ご存知だと思いますが、
弊社は正式なASIN番号を登録しており、
弊社の許可なしで弊社のオリジナル商品を販売する場合
アマゾンのポリシー違反となります。
恐れ入りますができるだけ早く
リスト販売を停止するようにお願い致します。

販売を停止しない場合、
弊社はやむを得ずアマゾンに
ポリシー違反として通報いたします。
ご理解のうえご協力お願い致します。










正式なASINってwwww










で、これに対する私の返答です。


××様

お世話になります。
○○でございます。

この度はご迷惑をお掛けしており、
大変申し訳ございません。
正式なASIN番号の登録とはどういうことでしょうか。

ご存知だとは思いますが、最近アマゾンでは、
今回××様がおっしゃっている件に関して
特に厳しく取り締まっております。

例え商標権を取得していた場合においても、
それが完全に自社製造自社ブランドで
アマゾンにブランド登録申請
(ブランドロゴの商品の印字及び確認)を行わない限り、
独占販売はできない取り決めになっていると
弊社では認識しております。

ましてASIN登録というのは、誰でも登録できるものであり、
これをもってして独占販売を行おうという行為は、
逆にアマゾンからポリシー違反として
何かしらの処分を受ける可能性がございます。
(本商品は中国サイトで誰でも購入できる商品であり、
このような商品に対して商標権を取得しても、
独占販売はできません)

もしも今後、貴社がこの姿勢を変えずにいた場合、
誠に遺憾ではございますが、
本文面の内容をアマゾンに通報させていただきますので、
予めご理解ください。

ご存知だとは思いますが、念のため、
最近のアマゾンの発表を次のメールに記載いたしますので、
恐れ入りますが、ご一読いただけると幸いに存じます。
(内容はノーブランド商品に関する記述ですが、
ノーブランドでもこれだけ厳しく取り締まっている
ということですので、ご認識いただけると幸いです)




で、この次のメールでアマゾンが発表した

「並行輸入品への商標権登録による
カタログの独占販売の禁止」

の文面をコピペで送ってあげました。



上記2つの例はどちらも、

私のメールの後には何も送ってはきませんでした。

まあ送れないでしょうね(笑)



もしみなさんが嫌がらせっぽいメールを受けたら、

落ち着いて、まずはアマゾンのテクサポに相談しましょう!



これらの私が送った文章を

そのままコピペして使っても良いですよ^^



ただし本当の場合もありますので

注意してくださいね!







それでは本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!


posted by TOMOZOU at 03:34 | Comment(0) | 初級(初心者さん向き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。