2015年01月04日

カートボックスとは?



こんにちは。

TOMOZOUです。




おとといのブログでカートボックスの獲得料率について

書いたんですけど、


よーく考えたら、そもそもカートボックスについて

このブログではまだ何にも触れていなかった

ことに気づきました。笑


ですので、今日は

カートボックスについて書きたいと思います。




そもそもカートボックスを獲得している状態とは

商品ページを開いたときに

上から商品名・価格・在庫数が出てきますよね。

で、そのすぐ下の


「この商品はTOMOZOUが販売し

 Amazon.co.jpが発送します」


のTOMOZOUの部分に、自分の出品者名が出ていれば、

カートボックスを獲得している状態になります。


この状態になれば、お客様が商品を購入しようとして、

すぐ右側の「カートに入れる」をクリックすると、

自分の出品している商品が売れてくれる訳です。



ではカートボックスを獲得していない状態では

売れてくれないのかというと、そういう訳でもなく、

その下の「新品の出品:(出品者数)」や

右側の「こちらからもご購入いただけます」

をお客様がクリックしてくれたら、

ちゃんと自分の出品者名が出てきます。


ちなみにここをクリックする人は、

出品者の評価を気にする方がほとんどです。



私の検証では、カートボックスから直接購入する

お客様の割合は約5割です。

出品者の評価を気にして購入する方は、

残りの5割です。


カートボックスを獲得していた方が、

圧倒的に売れやすくなる訳です。


カートボックスを獲得していて評価も高ければ

最強になる訳ですね。



で、おととい書いたように、

カートボックスを獲得できる優先順位の一番高い方法が、

「出品価格を他の人より2%以上安くする」です。



2%より低ければ、基本的に単独カートを勝ち取れます。



では、全員が同じ価格だった場合は、

カートボックスはどうなるかというと、



これはもう一定時間をおいて順番に回ってきます。



その際、抱えている在庫数が多い人や、

評価を含めたパフォーマンス指標の高い人の方が、

カートボックスを獲得できる時間が長くなります。



このパフォーマンス指標(出品者スコア)というのは、


予定通りの出荷

顧客への24時間以内の回答

購入者からの評価


の3つで決定されます。



あまりパフォーマンス指標を公開している人が

いないんですけど、

私のパフォーマンス指標を晒しますね。



出品者スコア:99.94です。



これ高いのか低いのか自分でもよくわからないんですけど、

同価格の時でも、わりとカートボックスを獲得できているので

悪くはないと思います。


パフォーマンス指標が高ければ

同価格帯でもカートボックスを獲得できる時間が長くなり

売れやすくなりますが、

そのパフォーマンスを上げるためには、

健全な経営が必須になる訳です。



やはりヤフオク出品者に多く見られるような、

その場だけ良ければ良いのスタンスでは、

長続きできないようになっていますね。



本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





タグ:2015年1月
posted by TOMOZOU at 19:27 | Comment(0) | 出品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。