2014年12月16日

出品をバレないようにする方法


こんにちは。
TOMOZOUです。




今日は、ちょっとだけレベルの高い話をしますよー。


今回の仕入れで、
新商品登録をバンバンしたんですが、
いつもよりも多かったのでけっこう大変でした!


商品仕様や商品説明に
何にも入力していない人もいるんですが、
私の場合は、がんばってしっかり説明文を入れています。

その分、労力ハンパないっス!


まだ売れるかどうかもわからない商品のカタログを
こんなに頑張って作成したのに、
いざ売れ始めて利益が出たと思ったら、
他の人に相乗りされて利益を持って行かれたら、


そりゃー腹が立ちますよね!


そこで、私はできるだけ他の出品者に
商品がわからないように、いくつか工夫をしています!



@アメリカのアマゾンとASINを一致させない

商品を登録する時に、UPCコード(JANコードのUSA版)を
入力する項目が出てくるんですけど、
ここにUPCコードを入力してしまうと、
アメリカアマゾンの商品カタログと符合して
ASINコードが一致してしまいます。

そうすると画像やサイズなどを入力する手間が
省けて楽なんですが、
他の出品者にASINコードを元に、
簡単に見つけられてしまいます。

なので、予め「製品コード免除の許可申請」
を行って、コード入力を免除しておきます。

というか、そもそもアマゾンの規定では、
「並行輸入品」の場合は、免除申請を行って、
UPCコードを入力しないでください。
ってことになってるんですけどね!


製品コード免除の許可申請」方法

セラーセントラル
テクニカルサポートにお問い合わせ
「在庫と商品情報」
「特定の商品の出品許可について」
「製品コード免除の許可申請・Amazon ブランド登録申請」



A商品名を一致させない

商品名が一致していた場合でも、
他の出品者がその名前をコピーして
アメリカアマゾンにペーストして検索したら
すぐにバレてしまいます。
だから、英語表記は絶対に使わないし、
直訳した日本語も使いません。
できるだけ意訳した日本語の商品名にします。



B型番を入力しない

型番は必須じゃないので、極力入力しません。
型番からバレることもあります。



C特定ジャンルを見つける

「おもちゃ」「ホビー」「家電」
「アパレル」「ホーム&キッチン」

これらは結構すぐに相乗りされます。

しかし、なぜかあまり相乗りされないジャンルもあるんです。
まあたしかにマイナーなジャンルなんですけどね。

全然、相乗りされずにブルーオーシャンのまま、
4回目のリピートをしている商品もあります。
1ヶ月に30個くらい売れている商品です。

こういう特定ジャンルを見つけると
高粗利のまま継続的に高収益を確保できるので
非常に効率的です。




これだけやっても、いつか相乗りされるんですよね。
アマゾン輸入では有名なTAKEZOさんのブログは
完全に相乗り手法ですし、
相乗り手法は、誰もが手軽にできます。
その手法をやっている人の数は
もう飽和しているくらいですからね。


だから、できるだけバレないようにして、
その商品の飽和を極力抑えつつ、
バンバン新商品を登録して、
相乗りされても痛くないようにします。



これで売り上げはかなり上がってきます!

さあ、みなさん!
どんどん新商品を登録しましょう!

















そして私に相乗りさせてください!笑









本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。





タグ:2014年12月
posted by TOMOZOU at 18:08 | Comment(0) | 出品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。